ホーム > パースの主な観光地

パースの主な観光地

blog icon パースの観光地

市内ではやはりパ-スの街を一望できる公園、キングスパークが人気があり、市内観光では必ず立ち寄るスポットの一つです。猫バスや、公共のバス935番利用で無料で行くことが出来ます。ちょっとした高台になるので、市内から歩いて向かうのは少し大変です。

眺めがよく、たくさんのお花が植えられており、綺麗に手入れされた芝生を歩きながら快適に見学出来る公園です。園内にはカフェ、レストラン、おしゃれな小物を取り扱うギフトショップもあります。

そしてアメリカズカップで一躍有名になったお隣の港町フリーマントル。高い建物を建てることが禁止されており、古い町並みが残された情緒溢れる街はぶらぶらご散策頂くには最適です。特に週末、金曜日~日曜日は屋内のフリーマントルマーケットが開催され、大変賑やかでお土産を揃えるにもおススメの場所です。ハーバーの方へ足を伸ばして頂くと行インド洋も見ることが出来、新鮮で美味しい地元のシーフードを食べて頂く事が出来ますレストランが立ち並んでいます。パースから西へ向かう電車、フリ-マントル線、利用で約30分です、$4.7。

電車の乗り方はこちらのブログをご参考下さい。

blog icon外の観光地

ピナクルズ
どのガイドブックにもピナクルズは紹介されていると思いますが1番人気の日帰りで行ける観光地です。以前に比べ道も新しく開通し便利になりました。ピナクルズのツアーでは立ち寄るランセリンの真っ白い砂丘もピナクルズと同じぐらい人気で必見の場所です。片道200kmほど、車では約2時間30分ぐらいです。


ご参考ブログ

ロットネスト島
最近のソーシャルメディアの影響で特に人気急上昇。世界でも野生でご覧いただけるのは、ほとんどここしかないといわれるクオッカを見るためにパースを選んだというお客様もいらっしゃるほど・・・皆さまが想像するより大きな島なのでバスツアーや自転車で回って頂くのが一般的です。ロットネスト島まではパースから、又はフリーマントルからお船が出ております。


ご参考ブログ

ウエーブロック
大波の様な模様がとても綺麗な大きな1枚岩で日本のお客様にピナクルズと並び人気のスポットです。ここまで片道約4時間、往復8時間の移動となるため日帰りで行くのは結構大変ですので泊りでのツアーをおススメしております。


ご参考ブログ

マーガレットリバー
パースより南300km、100以上のワイナリーや鍾乳洞、美しいビーチや、灯台が有り南極海とインド洋の両方を見渡すことが出来る場所もございます。宿泊施設も色々なタイプが有り地元の方もホリデーに訪れる大変人気な場所。マーガレットリバーエリアは長い桟橋で有名なバッセルトンから南極海に面するオウガスタ町まで100km以上の広範囲に渡り、見所もたくさんございますので最低でも1泊2日で行くのがベストです。春の時期はザトウクジラやワイルドフラワーも楽しむことが出来、海沿いのハイキングも楽しめます。

ご参考ブログ

カルバリ、シャークベイ
春の時期(8-10月)は特にワイルドフラワーを求めて北900km世界遺産シャークベイまで行く日本語ツアーも出ております。カルバリの町のインド洋やマーチソン川で見られる渓谷は日本の旅番組でも紹介され注目を浴びており、絶景です。

世界遺産シャークベイには地球に酸素をもたらしたストロマトライツ、貝殻で埋め尽くされたシェルビーチ、イルカが毎朝やってくることで知られるモンキーマイアと見所がたくさんです。春以外も十分に見応えのある観光地です。シャークベイまではバスツアー、定期航空便、個人セスナなども飛んでいます。

ご参考ブログ

エクスマウス
ジンベイザメとシュノーケリングで泳ぐことが出来る貴重な場所。シ-ズンは 4月~6月のみとなりますのでご注意ください。

ブルーム
1年でも月の満月の前後合わせ3日間のみご覧頂ける月の階段で有名。日本とは大変ゆかりのある町で戦前から真珠取りの人々がここで活躍したくさんの方が潜水病や悪天候で亡くなっており、大規模な日本人墓地がこの町にはございます。恐竜の足跡が見られる神秘的な場所遠浅な真っ白な砂浜が広がりますケーブルビーチでサンセット時にお楽しみ頂くキャメルライドが人気です。

ご参考ブログ