ホーム > パース生まれのスーパーガイド、ドリ子がお届けする現地で役立つブログ > パースのなかの日本。

スタッフブログ

パースのなかの日本。

2017年12月10日 更新    

ドリ子です。

現在パースは空港での出国カードは廃止され、入国カードのみとなり少し便利になりました。

オーストラリアは島国であることや農業国である事もあって、入国はニュージーランド同様厳しいといわれる国の1つです。

ただ以前に比べると入国カードの質問も”全ての食べ物といわれるもの持参してますか”という質問から、”肉、乳製品、種子を含む食品を持参していますか”という質問にかわりました。

なので逆に申請無しで持ち込み可能なものが増えています。

パースのホテルは殆どといっていいほど電気ポットが用意されているので、お茶や味噌汁、インスタント食品も念のためということで持参されるお客さまもいらっしゃるかもしれませんね。

現在パースは日本食ブームで日本食レストランはたくさんあります。

そして多民族国家でいろんなレストランもあり、お食事も美味しい国。

心配しなくても十分パースでのお食事も非常食に頼ることなく楽しんでいただけると思います。

ご旅行の場合は日数も限られているので現地のお食事を楽しんで頂けますが、在住となると話が変わります。

さすがに毎日フィッシュアンドチップスや、オージービーフばかり食べていられません。

そんな中私たちに強い見方なのが日本食材を販売しているお店。

アジア系のお店の一部に日本食材を販売しているお店もあれば、日本食材専門のお店もあります。

その中の1軒、スビアコという町にある不二マート!!

$2.5コーナーもあり、食材だけでなく百均のような感じで小物も販売中!

シャンプー類から土鍋まで!!

昔は土鍋を抱えて飛行機乗っていらっしゃるかたもいましたよね~

食材はもちろん豊富に取り揃えられています~~

お米も色々販売されており、やはり日本人お米は日々欠かせない!!!!という事もあって、この日もお米を購入されている方が多かったですね。

丁度訪れたときは20%オフの期間。

みなさん、しっかり広告チェックされてますね~

びっくりするぐらい賑わっておりました!!!

 

現在日本向けの無料雑誌は2種類。

こんな感じで毎月のセール品が紹介されています。

空港やパース市内でもこういった雑誌見かけたら、是非手に取って見てくださいね~

在住者にとっても、もちろん旅行者の方にとっても有益な情報がたくさん詰まってます~~

 

因みに、そんな日本の食材を利用してお好み焼きと焼きそば作りました~

120%パースを満喫するならパースを良く知る
パースドリームトラベルプランナーにおまかせ!!!!

記事は参考になりましたか??ランキングにも参加しております。応援していただくと励みになります。クリック宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村