ホーム > パース生まれのスーパーガイド、ドリ子がお届けする現地で役立つブログ > ここにもパースらしさ満載、ターミナル2へ潜入。

スタッフブログ

ここにもパースらしさ満載、ターミナル2へ潜入。

2016年11月09日 更新    

ドリ子です。

仕事柄空港へはしょっちゅう出かけております。当然一日に何度もということも。。。

ということで?今回は空港のお話。

現在パースはターミナル1から4まで。

昔は国際線、国内線と言っておりましたが、国際線ターミナル1の建物に国内を飛ぶバージン航空が移動してきたために国際線と言えなくなりターミナル1,2というように呼ぶようになりました。

まだこの呼び方になれないドリ子ではありますが・・・

パース市内も日々新しいビルが出来つつありますが、空港も拡張工事をずっと行っており、お店もどんどん増え、カウンターも増設。

日本のお客様が海外から到着の場合利用するターミナル1も入国、出国エリアも全部新しくなり登場口もすこーーしですが増えてます。

ターミナル1の隣にあるのが新しく出来たターミナル2.

 

image

外観もまだ綺麗です。

image

このターミナルは西オーストラリア内を飛ぶ飛行機がメイン。

利用者が限られるのでカウンターの数はたくさんありますが何だか静か・・

image

行き先を見てみると住んでいる私でも知らない地名が並んでいる。

なぜって鉱山へ飛んでいく飛行機だから。

鉱山遠いところはダーウインの辺りまで行きますからね。。。

一度仕事に行ったら当分は帰ってこれません。

 

image

なので待合室をみても作業着の方の確率めちゃ高!!

男性率めちゃ高!!

バーコーナービール大人気!!

ちょっと他のターミナルとは雰囲気異なります。

 

image

大きな飛行機で飛んでいくわけでもないのでタラップもなく、そのまま飛行機へーーって感じですね。

ほのぼのした空港です。

image

このターミナルが鉱山に行く労働者を運ぶターミナルだなーーと思うのがお土産屋さんゼロ。

image

食べるところはこーーんな小さいターミナルなのにたくさん。。。

image

オーストラリア国内線はチケットなくても入れちゃうんですよねー。

image

ここまで入れちゃうとこのまま飛んでいきたくなっちゃいます。

ちなみにオーストラリア国内線は日本同様液体はokですが、他州に行くときはりんご一個、蜂蜜さえも持ち込み厳禁です。

お気をつけください。

 

120%パースを満喫するならパースを良く知る
パースドリームトラベルプランナーにおまかせ!!!!

記事は参考になりましたか??ランキングにも参加しております。応援していただくと励みになります。クリック宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村