ホーム > パース生まれのスーパーガイド、ドリ子がお届けする現地で役立つブログ > パースの免税店、免税手続きがよーーーく分かる!

スタッフブログ

パースの免税店、免税手続きがよーーーく分かる!

2017年05月26日 更新    

ドリ子です。

海外旅行に行ってのお楽しみは免税店ブランドもののお買い物!!!

という時代は10年前、いやいや20年前の時代の話でしょうかね??

今は日本でも安くブランド物、アルコール類も購入出来る便利な時代になりました。

お買い物の街とは程遠いイメージのパースでも昔、昔、団体のお客様がたくさんいらっしゃっていた頃は市内観光の中に免税店への立ち寄りの時間もあったんですよ~

当のガイドですらちょっとそんな時代があった事を忘れておりましたが・・・・

もちろん今でもパース市内に免税店は存在します。

先日パースドリームトラベルプランナーのフェイスブックの動画でもお伝えしましたけどね!

ヘイストリート、歩行者天国を出て、西に向かって歩いて50Mぐらい??

隣にホリデーインホテルが有ります。

お店の名前がJR DUTY FREE という名前なので日本の方の目に留まりやすいと思います。

日本のJRとはまーーーーーーったく関係は有りませんが。。念のため・・・

 

品揃えはというと・・

時計関係

こっちの方大好き香水

オーストラリアといえばオパールも販売。

化粧品は品揃えさびしく。。。

クラランス、ランコム

そしてロクシタン

以上・・・

空港にも同じ免税店が入っておりますが空港の方が化粧品のメーカー入ってますね。

さりげなーーーーくブランドかばんも有りですが・・

BALLY と LONGCHAMP

プロポリス類も少々。。

力を入れているのはやはりオーストラリアが誇るジュリーク

訪れた時もアジア人の旅行者の方結構来ていてジュリーク大人気。

さすがですね~

ジュリークといえば、、ドリ子も大好きローズシリーズ!!

日本では限定エディションというパッケージで販売。(7800円)

本場オーストラリアではデラックスエディションで販売。($71)

テスター使ってみましたが、、なかなか良い~~~

入り口から見た感じはこーーーんな感じ。

(注)パースサイズの1階のみですよー

『免税について』

オーストラリアは消費税が10%も入っていますが内税。

免税店ではパスポート、イーチケット(飛行機の詳細が入ったもの)提示で免税価格でお買い物が出来ます。

購入の時点で免税価格で購入できるので購入時、ホッチキスでしっかりと包装され開封出来ないようになっています。

滞在中利用、使用は出来ません

帰国時は必ず手荷物。出国し、手荷物検査後係員に商品と一緒にホッチキスで留められているレシートを回収してもらいます。

ですが、ですが、ここで例外が1点。

液体の場合。手荷物には出来ないので商品はスーツケースへしまいます。

レシートのみ手荷物にし、上記と同じように手荷物検査後係員に渡すだけ!!!

ポイント!

空港内にも免税店は入っておりますがパースから日本への直行便はゼロ。。

液体物の購入もシールドバッグとお願いすれば出来ますが不安な方も多いのでは・・・・

だったら液体類はパース市内で免税価格で購入し、スーツケースにも入れることが出来た方が便利、確実!!

購入するものよって上手に免税店も活用しましょう~!!

国によって免税手続き、方法は異なります。

なかなか本で読んでも分かりにくいのが免税のこと。

手続きに関してはやはり方法も変わるので現地で確認が一番です。

パースドリームトラベルプランナーはもちろん空港送迎も行っております。

そして24時間サポート有り。

ちょっとした質問も何でも滞在中困ったらご連絡くださいませ~

 

120%パースを満喫するならパースを良く知る
パースドリームトラベルプランナーにおまかせ!!!!

記事は参考になりましたか??ランキングにも参加しております。応援していただくと励みになります。クリック宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村