ホーム > パース生まれのスーパーガイド、ドリ子がお届けする現地で役立つブログ > 西オーストラリア、内陸で一番最初に栄えた街、ヨーク探訪!!!パート1.

スタッフブログ

西オーストラリア、内陸で一番最初に栄えた街、ヨーク探訪!!!パート1.

2017年01月18日 更新    

ドリ子です.

パースから東へ約100kmほど。

車なら1時間30分ぐらい。

歴史的な街、ヒストリカルタウンとしても人気なヨーク。

ウエーブロックのツアーではトイレ休憩の場所として立ち寄る場合が多い街。

以前もヨークの街の魅力お伝えしましたが。。。

今回はまずはこのヨークのシンボルタウンホールをゆっくり見てみたい!!

1831年初期の開拓者が入り。

現在は人口3000人そこそこ。。

平均年齢高しといった街。

このタウンホールは1911年完成。

こういった郊外の中では一番立派!!!

と言われております。

現在は1階は観光案内所になってます。

近郊の地図。

ヨークと名前が入った帽子、小物。

地元の素材で作られた手作りジャム等の販売もしております。

トイレも綺麗デーース。

観光案内所の奥には昔の乗りものが展示。

反対側には受付カウンターが今でも残されております。

そのまま進んでいくと中はこーーーんな感じ。

広いし。

立派。

昔の小学校の体育館、講堂を思い出す。。。

懐かしいー!!

今でもイベント等で利用されております。

このなんとも趣のある階段。

ミシミシ。。。と音を立てながらあがっていくと。

昔の写真が飾られ。

映写機が置かれ。

2階席に行くことが出来ます~

つり橋の古い写真の1枚

現在もこの街に流れるスワン川の上流にあたるエイボン川に有り。

さすがに安全面で作り変えられてますがまったく一緒。

タウンホールからも歩いても5分ほど。

ここもぜひセットでご覧ください~

毎年8月の第1週の週末2日間、この上流の町よりパースまで川くだりが行われることでも有名な川です。

この近くにおススメファーム’ステイが出来る場所があります。

ヨークでのんびりしてからファームヘというのも良いですね!!!

 

 

120%パースを満喫するならパースを良く知る
パースドリームトラベルプランナーにおまかせ!!!!

記事は参考になりましたか??ランキングにも参加しております。応援していただくと励みになります。クリック宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村