ホーム > パース生まれのスーパーガイド、ドリ子がお届けする現地で役立つブログ > 穴場の穴場、通が案内する裏パース市内観光

スタッフブログ

穴場の穴場、通が案内する裏パース市内観光

2016年12月25日 更新    

ドリ子です。

興味津々、ツアーガイドが考えるパースリピーターの方におススメな場所特集。

課題

友達が数日遊びに来ます。

5年前にもパースに遊びに来ていて。

その前にはパースにワーキングホリデーで住んでいました。

さあどこへ案内??

答え

懐かしさもこめてキングスパーク

5年間でビル、アパートの数も相当増えてます。

こだわり1、普通は戦争慰霊塔の辺りから歩いてもバオバブの木の所までで終了。

そこからもう少し3分ほど歩くとこういった歩道橋があり、ユーカリの木々を上から眺めることが出来ます。

ここから眺めるスワン川もきれーーーー。

高所恐怖症の方は。。。。かも・・・・

そして帰りは下の方から。。

ユーカリの森を歩き。

噴水の広場、かもの親子等見ることが出来ます。

こだわり2、夕食はワーキングホリデー時代を思い出しホームパーティー!!!!

レストランで食べるより豪華に、ゆったりくつろぎながら食べれます!!

友達も呼んでパース女子会スタート!!

2日目

日々進化を遂げている今年オープンエリザベスキーへ!

こだわり3、以前訪れているからこそ新しいエリアを紹介。イルカも現れるスポット!!!

さりげなく微妙なクリスマス飾りをしたボートも発見。

綺麗な空は広がるパース。

こだわり4、夜景でもない夕焼けの綺麗な時間に南から

キングスパークや、サウスパースの定番ではなく黒鳥、ペリカンの多いカニングバー沿いへ。

奥にはパースのビルも見ることが出来ます。

程よい距離感がグッド!!

こだわり5、夜お酒を飲みに行くとなるとノースブリッジが多いところ、あえて郊外のパブに行きローカル地ビールを楽しむ

今回は南で人気のRAFFLESへ。インスタでも紹介中。

こだわり6 帰りはパースにも進出大人気ウーバー利用で飲酒運転の心配なし。

 

こだわり7 パース地元の人らしくカヤックに挑戦

こだわり8 ロットネス島よりも手軽で人も少ないペンギン島へ

こだわり9 カヤックで行くのでフェリー代はかかりません

こだわり10 クオッカはいませんが世界で一番小さいペンギンを探し。

10のこだわり。

決してガイドブックには書かれていないパースの穴場、おススメの場所です。

後半もおたのしみに=====

 

 

 

 

120%パースを満喫するならパースを良く知る
パースドリームトラベルプランナーにおまかせ!!!!

記事は参考になりましたか??ランキングにも参加しております。応援していただくと励みになります。クリック宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村