ホーム > パース生まれのスーパーガイド、ドリ子がお届けする現地で役立つブログ > ドリ子の社会見学シリーズ!貴重イセエビ漁にちゃれーーーーーーんじ!!!

スタッフブログ

ドリ子の社会見学シリーズ!貴重イセエビ漁にちゃれーーーーーーんじ!!!

2016年11月27日 更新    

ドリ子です。

今日はなかなか経験出来ない伊勢エビ漁の様子をお届けします。

ドリプラオリジナルツアー決定版!!ピナクルズでは昼食は名物伊勢エビ!!!!

その伊勢エビがどこでどのように捕られるか気になるでしょう??

実際船に乗って見てきました。

ドリ子日本の添乗時代やこっちでも海釣りにも行っているお陰でお船は得意中の得意!!!!

むしろ小型のお船の方が風を感じる事が出来て気持ちが良い!!

という事で早速乗船(^o^)

image

その名も〈シャークアタック号〉 強そうな名前です?!?!

image

10mぐらいの海の底から大きな木製のポットと言われるカゴを引き上げるのは現在は自動 👇

image

これがポット。ここまで上がったら彼らの手作業。👇

image

赤い部分にお魚の頭等を入れておき、伊勢エビが美味しそーーってやってきて上から入る。

だけど出る事は出来ない~

という仕組み。

 

image

ブレッドリーさん説明中。

image

サイズ、オスか メスか、卵を持っているか、足は揃っているか?

いくつかの厳しい基準有り。

image

今回6つのポット引き揚げましたが、、、

釣果はゼロ

漁師さんも大変です。

どこに仕掛けるのかもプロの業!

もちろん普段の漁ではもっとたくさんの

ポットを引き揚げますけどね。

年間の漁獲漁も定められています。

その結果乱獲になる事なく世界へ安定供給出来るという事ですね。

勉強になります!!!!

image

近くにはアシカがたくさん日光浴している島あり。

image

このまま飛び込みたい~~

この海の美しさ!!!

珊瑚も広がっています。

image

陸へ戻った後は工場見学。

image

船から卸され.

機械にてAからHのサイズに分けられ。

氷水で5,6度状態に保てば24~30時間以内なら冷凍することなく空輸で新鮮なイセエビを世界中へお届け可能。

一番の輸出先はやはり中国。

以前は日本ももっと多かった記憶があるのですが。。。

時代は変わる、、、

image

もちろんランチは伊勢えびでしょう~~

image

当然ながら新鮮で美味しい!!!!!!!

※もちろんお仕事で来ております。

ちなみに伊勢えびはこちらではロックロブスター、またはクレイフィッシュと呼ばれます。

漁には出れませんが決定版!!ピナクルズのツアーでは伊勢えびのランチ4WDピナクルズではランチオプション有り、この工場にて新鮮ぷりぷり伊勢えびをランチ召し上がって頂けます!!!

120%パースを満喫するならパースを良く知る
パースドリームトラベルプランナーにおまかせ!!!!

記事は参考になりましたか??ランキングにも参加しております。応援していただくと励みになります。クリック宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村